2008年11月25日火曜日

福岡グルメツアー

要は飛べなかったという事で・・・。

個人的には相変わらず自業自得の珍道中。羽田の搭乗時刻に遅刻して走ったもので膝を痛め片足を引き摺りながらの御同伴。
皆さんご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした・・・。

こんなわけで私はハナからダメだったのですが、気象条件に恵まれず他の皆さんも殆ど飛べませんでした。


こんなに天気が良いのに無風の糸島海岸。


鏡山の西側TOもほぼ無風。
このあとhabu先生とアンタレスさんが大勢の観光客に急かされながらぶっ飛び。でも初心者にはちょっと(かなり?)敷居が高いかも。特に無風に近い状況で助走のないTOはね。


鏡山の北側TO。虹ノ松原に面した絶景ポイントでこちらの方がLDも近いのですが、初心者には付近の車道、電線、ビニールハウスと障碍物が多いのもプレッシャー。このあと昼頃になって風が強まってきたところでhabu先生がソアリング、観光客の大喝采の中トップランしたところで昼飯となりました。

長浜ラーメン、万十屋のもつ鍋、岐志の焼き牡蠣、陶芸体験、温泉・・・と観光面では充実したツアーでしたが、やっぱり飛びたかったなぁ。次回は先ず第一に空港内で走らない事だねっ!

2008年11月15日土曜日

冷たい雨に打たれて・・・

朝から怪しい雰囲気の漂うなか天気予報を信じて出発したものの、富士山に近付くにつれ雲はますます濃くなり、これはいよいよ怪しい。須走に向かった車二台も自衛隊LDで御殿場練習場に行き先を変更、、、御殿場組よりも早くスカイリゾートに着いてしまった^^;。御殿場LDでは初めから霧が掛かり、そのうち細かい雨も交じり始めたので荷ほどきを躊躇していたが、スクール生、体験生ともにBの丘から飛び始めたのを見て遂に我慢できず、Cの丘に登り始めた。ただ風は真南で余り宜しくない。satoshiさんなどはCの丘の南斜面から飛び出したが、ボクは良い斜面を求めて更に登り続ける。しかしその後も雲行きも風も一向に好転せず寧ろ悪化傾向にあったので、結局1620mとEの丘をやや上回った地点に到ったところで諦め飛び立つ事にした。時刻は11:50。風は南5m、南東向きの緩斜面を使用。飛行時間3.7分。


Dの丘、Bの丘に立つ皆さんを飛び越えて着地したときにはもう霧雨状態、キャノピーはびしゃびしゃ。取り敢えずデカザックに詰め込み昼飯を食いながら様子を見たが霧はより深く雨脚は強くなる一方なので今日はもうコレでお開きとした。ムービーは雨の中そそくさと店仕舞をする皆さんなのですが全然見えませんね・・・。
video
小田原についても雨交じりの天気には違いなかったので、濡れたキャノピーは狭いベランダの物干しに四つ折りにして、ハーネスは室内の物干しに掛けて干す事にした。明日も雨らしいし、どうしよ。来週末は九州ツアーに持って行かないといけないのになぁ。。。

2008年11月12日水曜日

GPS軌跡を地図に表示(続き)

愛用させて戴く事にした「myTracks」のhelpを今頃になって(汗)読んでみると
「Forerunner 205」のIFであるUSBには対応していなくて、
しかも作者さんは今後も対応するつもりはなさそう(泣)。
代わりに「LoadMyTracks」という別作者のツールを使えとの事。
早速やってみると何と「Forerunner 205」からデータを吸い出して
そのまま「myTracks」や「google earth」に送って
起動までしてくれるではありませんか!

う〜ん、便利。これで行く事にします(^^)Y。

2008年11月3日月曜日

GPS軌跡を地図に表示・・・無料で

今日は風が悪くスクールが休講だったのでGPSの軌跡を「無料で」PC上の地図に表示する方法を調べてみた。

1)Garmin Traning Center
 おまけで付いてくるので無料。
 GPSから直接取り込みできるのが便利。
 でも標準添付の地図が大雑把すぎ。
 トレーニング管理機能も使わないだろうし・・・。


2)Garmin RoadTrip
 おまけで付いてくるので無料。
 GPSから直接取り込みできるしウエイポイントのアイコンが編集できる。
 でもやはり標準添付の地図が大雑把すぎ。


3)myTracks
 フリーウエア。
 グーグルマップに重ね書きできる。
 GPSから直接取り込みできるらしいが設定がよく分からない。
 仕方ないのでGarmin Traning CenterでGPXファイル生成
 →エディタで若干編集→myTracksに読み込みしたが面倒。


4)JetPhoto Studio
 フリーウエア。
 グーグルアースに重ね書きできる。
 GPSから直接でもGPXファイルからでもOK。
 地図上にも重ね書きできるが、地図が大雑把すぎるし重たすぎる。
 もともそ写真用だし目的が違うか・・・。



5)カシミール
 フリーウエア。
 定番だけれどもWindows用なのでMacユーザにはチョット・・・。
 こんなに高機能な必要もないしなぁ。


というわけで今のところ「myTracks」が愛用の第一候補。
だれかGPSから直接取り込みする方法教えて下さいっ!

あとはHogMapに参加する事なのですが、下手ッピな身にはちょっと気が引けるなぁ。。。

2008年11月2日日曜日

出遅れても須走

今日は初めから単独行動するつもりだったし風も良くない予報だったのでノンビリしていたら出遅れてしまって自宅を出たのは11時。それでも無理を言って須走から飛ばせて貰うことに。
駐車場に着くと皆さん既にLDで昼飯を食べているとの事でチョ ット焦り気味。。。2100TOに着くと北北西2m〜南東5mとやや不安定なものの意外と悪くない。切れた息を整える間もなく急いで飛び立ったのでした。
この一本のみでタイムオーバー。例によってF谷さんの軽を拝借して車を回収。
S森さんはこの間に6本も飛んだらしい・・・恐るべし!

帰りは独りで「御殿場スターウオッチング」に行ってみたのですが、寒くて風邪を悪化させちゃいました・・・。曇っていて殆ど何も見えなかったし。
来年は行かないだろうな、きっと。

気球の試乗、天体観測、望遠鏡関係品の即売会、ミニコンサートなどが催されていて、夜には子供連れや天体マニアが数百人(延べだと千人近く?)が集まっていました。好きな人たちは明け方まで残っていたようです。

2008年11月1日土曜日

木登り講習会

一応御殿場練習場に行ったものの、案の定というか西の強風でとても飛べる状態ではありませんでした。天気は良かったのですがね。。。

仕方ないのでsatoshiさんの提案により林の中でツリーラン講習となりました。講習機材としてsatoshiさんがツリーランセット、ハーネスを提供。

勉強したのは
・二本のシュリンゲとロープを使った登り方
  シュリンゲを使った足場の確保、体の保持
  ロープを使ったシュリンゲの回収
・二本の枝とロープを使った登り方
  枝の折り方、折った枝を使った足場の確保、
  ロープを使った枝の回収
・脱出降下する際の手順
  足場の確保、身体の保持、滑車代わりのカラビナを
  シュリンゲで固定、キャノピー回収の便を考え
  ロープの片端をライザーに結ぶ、ハーネスの利用
が主なところ。舫結び、シュリンゲの使い方、ロープの摺動部分にカラビナを使う事、ロープを体に回すなどして摩擦を制御、といったところがポイントでしょうか。でも、こんな木登りが一朝一夕に出来る様になるとはとても思えません。

ただ落下防止措置をして助けを呼ぶ事は最低限出来なければいけませんね、やはり。今日の講習生にはサンパラ特製ツリーランセットがバンバン売れるでしょう、きっと。

ところで帰り掛けに皆さんが技能証の申し込みをしている際に実はJHFフライヤー登録をしていないというのが露顕。登録を強く勧められたうえ申請書を渡されました(汗)。いままで何も言われないのを良い事に放っといたのですが遂に年貢の納め時か・・・。

家に着いたらグッタリとしてしまいました。habu校長言うところの「飛べず疲れ」でしょうか。。。それでも自分の体を舫結びで確保する方法はしっかり復習。たしか以前にも習った事があるのですが、すっかり忘れていましたよ。あの時は酔っ払っていたもんなぁ。。。

2008年10月29日水曜日

買っちゃいました、GARMIN Forerunner 205

買っちゃいました、「GARMIN Forerunner 205」。
sugaさんやsatoshiさんが腕に「101」を巻いているのに憧れて。
Gさんの調査によるとパラにはシリンダ対応などで「101」の方が適しているらしいのですが
いいんです、どうせカッコですから。
見た目の好みでこちらにしちゃいました。

お店は米国の通販です。
habuさん、すみません。
送料込みで150ドル強なんですが、円表示では1万6千円弱。
どうやら今の急激な円高にはレートが追いついていないようです。
それでも国内で買うよりは随分とお買い得。

届いた箱を開けるとこんな感じ。
本体が正面に現れます。
205の色はブルーグレー+シルバーが基調でちょっと地味な印象ですが
通勤時にも装着する予定なのでコレぐらいが丁度でしょう。


本体を出すと下には付属品がバラバラと無造作に・・・。
どうりで箱を振るとカラカラ音がするわけだ。


内容物を広げてみました。取り敢えず必要なものは全て揃っているのでオプションなどは必要なさそう。


さっそく電源を入れてみる。木造の一戸建てなんですが、屋内でこれだけ衛星が見えれば十分でしょうね。


一晩明けた今日、ワクワクしながら自転車通勤に使ってみました。
片道十数分の短距離ですが。

Mac用(これ、重要なポイント)の「Garmin Training Center」で表示したものですが、往復路で道が一筋違ったのもチャンと正確に表示されている。
当然なのかも知れませんが結構感動ものでした。
う〜ん、往復で300カロリーほど消費している(ヨシヨシ)。
明日からも毎朝付けていこう。
新しいオモチャは嬉しいものです。

2008年10月19日日曜日

2008.10.19 強風で休校

今日は強風で休校、諦めきれないスクール生4人は立ち上げ練習をしようと大口グランドへ赴いたものの先客が野球の試合をしていて断念。それでも諦めきれない4人は自衛隊ランディングまで足を伸ばしたのですが風はグチャグチャ、挙げ句の果てに自衛隊のパトロールに追い出されてしまいました。お勤めご苦労様です・・・。
写真は風速・風向ともに目まぐるしく変わる中にも関わらず練習に励むSugaさんとT村さん。私とF谷さんは諦めて傍観を決め込んでいました。

帰り掛けに以前から気になっていた山北町の「河村城址」に独り立ち寄り弁当を食べました。登城路はかなりの急坂。本城跡の広場では仲良し夫婦がバトミントンに興じていました。いいな〜。

そうそう、habuさんお奨めのバリオ「FlyTEC6005」とGさんお奨めのアクセルバー「APCO Wonder Bar」が届いていました。締めて六万円。Wonder Barは「主婦のアイデア発明」みたいですが、なかなか良さそうな感じです。次回(と言っても来月になりそうだが)さっそく使ってみよう。

2008年10月18日土曜日

2008.10.18 ダイエットが必要


朝から快晴、須走口に着いたときも雲ひとつ無いお天気。

ところがブル道TOに着いてみると風は北向き。しかもLDは強風との事で暫く様子を見る事に。山中湖が良く見えます。
昼を挾んで風待ちしている内に寒くなってきたので「ホントの2000TO」(2100TO?)に行ってみました。

これが2100TOバーン。真ん中に見えるのは駐車場から幻の滝に至るハイキングコース。

2100TOからは御殿場練習場の全容が見亘せます(後ろ姿はS森さん)。
15時に近くなってだいぶ落ち着いてきましたが、無理をせず今日は諦める事にしました。飛んでないのに何か疲れた・・・。

帰ってから最近気になっていた装備重量のチェック。
ブーツも入れたザックを背負って体重計に乘ったところ何と84kg!。
これでは弁当と飲み物を持ったらキャノピー(Makalu2/Sサイズ)の適正範囲65-85kgを逸脱してしまうではありませんか!
何とか装備の軽量化を図らねば・・・やっぱり自分の体重を減らす努力をすべきかなぁ・・・。

2008年10月17日金曜日

便利な充電器

ボクの無線、ムービーはともに単三電池式なのでエネループ八本を愛用しています。今までは二十年前に買った充電器を使っていたのですが、二本用であるうえ充電が遅いので、二本づつ四回、延べ四日間の作業が必要でした。
そこで我慢しきれずに買ったのがコレ。

これは便利!
八本同時に充電できるし、二本ごとですが進捗状況が把握できる。
ちょっとお高かったのですが、これで快適なエネループ生活が送れます。

2008年10月14日火曜日

2008.10.13 初めて渓谷の全貌を見た・・・かも

天気予報では今ひとつでしたが須走に着いてみると昨日よりは大分マシ。
ブル道テイクオフに着いたときはこんなに晴れていました。


御殿場方面の雲も薄くて見通しがきくし風も穏やか。寧ろ穩やかすぎ。
ブル道TOから先ずは校長が出て途中の尾根から指示を出す事に。
続いて「曇る前に早く出なさい」との指示で早々に離陸したのですが、
風が悪いのか、コース取りが悪いのか、腕が悪いのか
殆ど浮かず最後の尾根に降りてしまいました。

でも今年の須走はいつもガス掛かっていたので
初めて渓谷の全貌を見た様な気がします。

2008年10月13日月曜日

2008.10.12 雲から逃げる

雲が低いのを気にしながら須走ブル道テイクオフから「岩の渓谷」を越えて

「本当の2000テイクオフ」(実は偽物だった)に向かった。

しかし例によって御殿場方面は霧に覆われており、

昼飯を挾んで一時半頃まで好天を待ち続けることに。

その後LD付近の霧が薄くなってきたとの連絡を受けて

様子を見ながらT村さん、S森さんと散発的に離陸。

ボクもW山さん、satoshiさんに続き離陸(最後にO石さん)。

そのまま南に向かって付いて行ったが

satoshiさんは前方に見える雲塊の手前で早々に360旋回で降下、どうしたのだろう?

そのままW山さんの後を追ううち気が付くと

意図せずにどんどん上昇して居るみたい(!)。

雲に近付きすぎた?取り敢えず様子を見るために一回だけ360旋回してみたところ

何時の間にかW山さんとO石さんがあんな下の方に!

雲から離れようとするがなかなか前に進まないし、

前方には見慣れないジグザグのブル道と電柱の列、

それに双子山がすぐ近くに。

こんな遠くまで来てしまって良かったのだろうか・・・。 

そうこうしている内に二人は下界に消えていった・・・。

見慣れない風景と雲に独りぽっちで挾まれて心細いので

とにかく翼端折りを続けて降下する事にしたが、これがなかなか降りてくれない。

漸く下がってきたので雲の切れ間を狙って着陸しようとしたが

グズグズしている内に雲の下に入り込んでしまった。

着陸後、間もなく急に霧が晴れCの丘のずっと奧、Eの丘の高度にいる事が分かった。

随分遠くに来てしまったのではないかと心配したのですが、

実は思ったほどではなかったというオチでした。